2015年6月30日

Half Life的演出手法の終焉(2015年現在)

Half Life 1との衝撃的な出会いから幾霜月。一人称視点シューターとの付き合いの一旦のまとめとしてこの記事を書こうと思います。可能な限り事実に基づいた事を書く努力をしていますが、筆者の記憶力並びに知識不足による誤解などが紛れている可能性があります。間違いがあれば是非とも指摘していただけると嬉しいです。
なおこの記事にはHL1と2、加えてCoDとBioshock1のスポイラー要素が含まれます。未プレイの方は読まないことを強く推奨します。


2015年6月4日

「かたわ少女」感想

2015年4月1日。2012年にリリースされたFour Leaf Studiosの「かたわ少女」の日本語版がリリースされました。全員のルートのグッドエンドまでをクリアーしたので、この辺りで作品について感じた事を書き記して置こうと思います。 なお筆者はノベルゲームはほとんどプレイしておらず、まともにプレイしたのはAir、月姫、Fate Stay/Night位なものですので、知識不足等による曲解などがあるかもしれません。

 感想を書くに当たり、まず「かたわ少女」について軽く紹介します。
 2007年初旬、4chanにRAITA氏の同人誌のあるページが紹介されます。「片輪少女」と名付けられた恋愛ゲームの草稿…妄想。そこからインスピレーションを得た有志たちが集まりFour Leaf Studiosを結成。2007年夏頃に本格的な開発がスタートしました。ゲームのAct1がプレイできる体験版のリリースを経て2012年1月4日、英語完全版がリリースされるに至りました。そしてそれから3年と3ヶ月、日本語翻訳チームの努力の結晶である日本語版が2015年4月1日にリリースとなりました。
 ゲームの内容はタイトル通り、日本のどこかにある知的障がい者以外の全ての障がい者を受け入れる学校「山久高校(Yamaku High School)」を舞台にした18禁恋愛ノベルゲームです。主人公はある日突然障害者としての”烙印”を押されこの学校にやってきます。健常者としての生活から障がい者としての生活を余儀なくされた彼はこの学校で否が応でも生活していくことになります。そこでの様々な出会いが彼に大きな変化をもたらすことになります。
 説明するまでもありませんが、プレイヤーは物語を読み進め、適切な(あるいは不適切な)選択肢を選ぶことによって様々な物語を楽しむことが出来ます。

 ここから先は小程度のスポイラー要素を含みます。個々のルートの詳細を語るような事はせず未プレイの方が読んでも問題ないように書いているつもりですが、完全に新鮮な気持ちでプレイしたいならできるだけ読まないほうが良いでしょう。