2010年1月29日

Prey クリア!

ついにid tech4エンジン最後のゲーム、Preyをクリアしました。
正確にはあとETQWが残ってますがこれはまぁいいですよね。
徐々に明かされる謎、手に汗握る戦い、そして最愛のJenは・・・。
ストーリーは陳腐、使い古されたと言ってもよいものですが、やはり主人公として体験するといろいろ考えてしまいます。
英語なのが実に残念です。
多少は分かりますが、なぜトミーだけ特別だったのかなどの謎は解けません。
ストーリーのネタバレはこれからプレイする人がいるかも知れないので伏せておきましょう。
Doom3のように火星で地獄の門が開いた→全員地獄に送り返す→無事脱出
というような話ではなくもう少し深いので。
ラストモヒカンみたいな。
確かにグロテスクな描写や子どもが殺される場面もありますが、根底にあるのは愛です。愛。ラブ。
トミーがチェロキー族としての誇りを持った立派な男になるまでを描いた青春劇。
久しぶりに爽やかな気持ちになれるゲームでした。

もちろんFPSとしても秀逸でした。
多少頭をひねって倒さないとならない敵なんかもいて面白かったです。

最後の「Prey will continue」の文字・・・。
追悼3D Realms。
もう二度と続編は望めませんが、昨今の確実に2に続くような終わり方ではなくちゃんとしっかりはっきり終わり、トミーの戦いは続く・・・みたいな終わり方だったのでグッドでした。
最近の続編前提の尻切れトンボストーリーしか作れない会社はPreyをプレイして起承転結の何たるかを学んでいただきたいものです。
ストーリーを踏襲しないにしても、最近のFPSでは珍しく面白いギミック満載だったのでDukeNukem共々どこかが権利を買い取ってくれないでしょうか。

あ!id tech4あとWolfenstein残ってた!


RuneのHuman Head Studioが開発に携わっていたようです。

2010年1月28日

キャッチザコールド

さむー。
だるー。
鼻水の洪水。
咳の歌声。
オーディナリー風邪です。

2010年1月25日

我が青春のアルカディア号


友よ!と言えば起動する素晴らしいソフト。
200時間プラスその他もろもろ時間ですでに我が青春の数%を占有しつつある伺か。
使い始めてまだひと月ていどしかたっていないのにこの体たらくです。
PCゲームやってる時間より何倍も長い起動時間。
さらに寝落ちで起動しっぱなしだったこともありさらに伸びる起動時間。
上位二つのゴーストは私の趣味です。
それ以外はだいたい寝落ちだったりとかだと思います。
今まで生きてきた内、リアルで女性と関わった時間のいったい何倍に当たるのでしょうか。
正直見当もつきません。

「NZから帰ってきてノリノリだったから脱喪宣言しちゃった(テヘ」
なんてこの間は申しましたが実はこの一年マジでなんにもなかったしやってもないです。
脱喪って相手がいないと成立しませんよね。
あと本人のやる気根気元気。
日本に帰ってきたときはまさにナーバス落胆。
自分は3月まで残る気満々だったのに現実に負けて諦めて帰ってきていろいろ考えました。
多分。

結局何もできなかったから未練たらたらで今更英語の勉強してその頃の残り香を探す始末。
あの時もっときちんと話せていればきっとより楽しかったのになんて今更遅いのですが。
一期一会なんてカッコつけて滞在中にできた友達の連絡先も聞かず今更後悔。
人の縁を大切にしないと指摘される私ですが確かにその通りです。
縁は大切にしないといけませんね。
せめて今ある縁だけでも。

もう一度行きたいと思いながら今の状況を鑑みて尻込み。
行こうと思えばすぐ行けるはずなのに。
無知は力でした。
何もしらないことは実に強いと思います。
行きたいけど行きたくない状態にいます。

せっかく話題に出したからこの間の配信のことでなんか思い出したいと思います。
レスを読みながら。
・・・と思って前回の配信のレス読み返しましたが特に何もいうことがございません!
次はいつできるんでしょうね。マジで。
これからズコバコ忙しくなって留年回避の逃避行が始まりますし。
レポートも溜め込んでますし・・・。

配信を始める前は「最初期からいる配信者として気を吐いてくるぜ!」→「あれれ?俺ってばこんなんだっけ?」のコンボが見事きまりました。
やっぱり黎明期にそこに居たってのはそれだけで大きなアドバンテージなんでしょうね。

ちなみにこれを誘い受け?と言うらしいです。

調べてみたけどBL用語解説っぽいのしか見あたらねぇ!
別に心は攻めだけど体は受けとかそういう知識はいいから!
誘い受けってなんかこう不自然に自分を卑下して同情を誘う感じの言葉なんじゃろが!

追伸
他の配信者さんを呼び捨てで呼ぶのは友達だと思っているからです。
もちろん敬意をもっていないわけでもありません。
嘘偽りは御座いません。
が、親しき仲にも礼儀が必要でした。
忘れない限り次からは気を付けたいと思います。

2010年1月20日

Doom3クリア!

先程のエントリーから数時間、ついにDoom3をクリアしました。
いやあ後半の展開、というか戦いの連続には流石にしびれました。
感動のラスト・・・というほどではありませんが仲間が駆けつけてくれてほっとしました。
しかしDoom Guyと地獄の戦いはまだまだ始まったばかりです。
Soul Cubeの目的や最後まで追い続けていた人物の事など全くわかりませんでしたが面白かった絵す。

さらにシークレットとして隠されていたPDA(見つけてくださいと言わんばかりの場所でしたが)では4年かけたゲーム制作がようやく終わったというスタッフたちの喜びの声が大量に入っていました。
私も購入から4年たった今ついにクリアしたので最後のPDAにも書き加えておきたいくらいです。

ランアンドガン、ショットアンドドッジというFPSのクラシックな楽しさが詰まったDoom3。
素晴らしい作品をありがとうございました。

Doom3

そろそろ楽しいDoom3も終わりが見えてきました。
実は昔配信でSite3まで進んでいましたが、このたび旧PCの中からデータを発掘したのでその少し前のHellからやり直していました。(もともと新しく初めてDelta Labあたりまで来ていましたが、Delta Lab自体は退屈で余り面白くないので飛ばしました。)
そしてHellからSite3まで来たというわけです。

いやしかしDoom3は面白いですね。
びっくりハウスが終わり戦闘重視になった途端急激に面白さをまします。
撃つ、避けるのテンポが非常によくFPSとしてのポテンシャルの高さが伺えます。
敵の攻撃を避け、一気に近づいてショットガンをガツンガツンと叩き込む!
最近のFPSでシューティングの部分が面白いゲームがなかなかない中、稀有な存在だと思っています。

さぁ頑張って火星を救って次はミッションパックだ!

2010年1月19日

小倉のカウガールズに行ってきました

先日小倉のカウガールズというバーに行ってきました。
ちょっとはいるのに勇気のいる場所ですが入ってしまえばなんのその。
カウボーイハットを被ったおねえちゃんたちが客引きしてましたが別に女の子にお酒(ウーロン茶)をおごる系のお店ではありません。
中に入るとちょっとアッパー系?な雰囲気でウイスキーを傾けながらゆっくりと時間を過ごすタイプの店ではなく、アメリカーンにビールを飲みながらゲハハハ!と楽しく過ごすタイプのお店でした。
最初に店についての説明を受けるとき、「あーこの手の店だったんだ・・・明日はゴミ箱で目を覚ますな・・・」と腹をくくり覚悟を決めたわけですが、今もこうしてパソコンの前に座りk/bを打てています。
このお店では他に類を見ない・・・と思うシステムが存在しています。
まずカウンターの側にあるコイン販売機でお金をコインに変え、それで料金を支払う陽になっていました。
1コイン250円、1000円から購入できるので最小で4枚ずつということになります。
5000円替えるとと一枚、1万円だと2枚(だったかな?)エクストラでついてきます。
コインはストックもできるので、何度も来るのであれば多少はお得だと思います。
ちなみにドリンクはだいたいコイン2枚、食べ物は3枚くらいからあります。
飲み放題もあり、1500円で90分、2000円で2時間飲み放題になっていました。
ちなみに飲み物は出せるものと出せないものがあるそうです。

カウガールズは「ハイネケンエクストラライト」というハイネケンを凍る直前のマイナス2℃(意外と凍ってます)が人気です。
このビールを目当てでくるお客さんも少なくないんだとか。
私の情報は少し古く、福岡ではココ以外出さないという話を聞いていましたが、バーテンのお姉さんがいうには、県内にあと5軒ほど出すお店があるそうです。
これが実に美味しいんです。
苦味が押えられているのでビールが苦手ない人でも飲みやすいと思います。
確かにこれを目当てに来るのもうなずける味でした。

バーの醍醐味といえばカウンター席です。
ビールをサーブしてくれる様子やらなんやらを眺めているだけでも結構楽しいものです。
棚に置いてあるお酒を見て注文するとカッコよく見えるのでおすすめです。
カウンターはなかなか広く普通の飲み食いするにはもちろん困りません。
これもどこのバーでも名物であるやたら背の高い椅子に懸命に座りましょう。
足が長くて良かった!
背は大して高くないので意味がないですが。

お客さんは行った時間帯のせいでもあるかもしれませんが、若い人と外国人だけでした。
だけと言っても外人さんが団体で来ていたので人が少なくて寂しいと言ったことはありませんでした。
会社帰りのスーツ姿だと少し浮くかもしれません。
もちろんお酒を飲めば気にならなくなりますが。

お酒の種類はやはりカクテルが多かったです。
私はよく知らないのでいつものようにいろいろバーテンのお姉さんに質問したりしてみました。
しかしほとんど覚えていないです。
せっかく親切に教えてくれたのに。
ごめんなさい。
残念ながらウイスキーの種類は少なめでした。
あとは赤白ワイン、メニューに載っていたかは不明ですが棚には黒霧島があったのは確認しています。
食べ物については今回あまり注文することはなかったのでよくわかりません。
チョコレートがあったのは嬉しいです。
ただしマジでチョコっとなのが残念。もっとください!

なかなか楽しいバーでした。
流れている音楽はラテン系のものが目に、もとい耳によくつく感じでした。
ウエスタン風な店内と相まってなかなかあっていたと思います。
そういえば店内の至る所に寄せ書き?のようなものがたくさん張っていました。
ドラえもんの絵があったような気がします。

追伸
スタッフさんはみんな女性なようですので苦手な方は注意です。
話せた方は普通に良い人でしたので別に心配するようなこともないと思います。

2010年1月12日

ストレンジ・プラス・・・Strange+・・・ストレンジプラプラ・・・

今まで腐女子の読み物など悪魔の書物として焚書していてすいませんでした。(嘘ですあしからず)
私がまさに間違いなく一点の曇りも無く間違っていたことをここにお詫びして訂正したいと思います。

あれは昨日の夜の事でした。
暇つぶしに弟の部屋から数点の書物(コミック)を借りて読みふけっておりましたら、明らかにほかと一線を画す書物に出会い、その時は表紙のあまりの神々しさに読まずにスルーしてしまいました。
しかし他の書物をすべて読み尽くし、残りはその神々しい書物一本となりました。
背表紙に煌くは「ゼロサムコミックス」のロゴ。
私は覚悟を決めて表紙をめくりました。

私の中で地が揺れ電撃が走り火柱が上がりました。
「諸姉はこんなに面白い漫画を読んでたのか・・・!」
ばかにするためやけなすためにこんなことを書くわけではないことは私が私の誇りにかけて誓います。
ぱにぽに目当てでGファンタジーを買っていた自分が今ここにジョグレス進化を遂げました。

ちなみになぜ弟の部屋にこの本があったかというと・・・。
我が腐女子的従姉妹のお姉さまが弟に教えたとのことでした。
さすが我が姉上です。

とても面白い漫画ですが掲載誌ゆえ男の読者が一割程度という漫画ですが、「マーメイドメロディぴちぴちぴっち」の単行本が買えるシラフで買えるこのブログの読者諸兄にはこの本を購入することなど赤子の手をひねるようなものであると確信しています。
機会があればぜひ読んでいただきたい逸品です。

2010年1月7日

リメンバーニュージーランド

ニュージーランドで撮った写真を改めて見直しています。
たった一年程度前のことだったとはいえすでに懐かしさを感じます。
いろいろあったようななかったような。
もうあの場所に居ないことが寂しく感じます。
写真は風景を写したものばかりで人間を写したものはほとんど有りませんが、それでも確かにあそこにも友達はいました。
写真が残っていないのは少し残念ですが。
NZ最後の日は昼は遠くまで、夜は遅くまで海辺(ミッションベイ)をひとりで歩いていました。
寂しい人間だと思われるかもしれませんが、実際近いものなので反論のしようも有りません。

残念といえばこの写真を一緒に見てくれる人が居ないのも少し残念です。
ニュージーランドやフィリピンであったこと感じたことを誰かに話したい気持ちは少なからずあります。
いつか誰かに話す機会がくれば良いのですが。
ただ、今はこのブログと自分の心に仕舞っておくことにします。

2010年1月4日

戦い終わって日がくれて サンキューグッバイSteam

セールも終わり会社は始まり学校はあと数日で始業となる1月4日。
皆様は如何がお過ごしでしょうか。
今回のSteamホリデイセールはみなさん楽しめたでしょうか。
多くのゲームが値引き、さらに日替わりセール。
私は大量にゲームを購入した・・・と思いましたがフルプライスゲーム1.5本分程度の値段しか使っていませんでした。
つまり約9000円。

フレンドがGRIDを買ったので私も買って対戦だ!と思いましたがDemoではまさにまっすぐ走ることすらムリで購入は諦めました。
ごめんな悪りぃすまねえ許せ。
私にはリッジレーサー以上に操作が難しいレースゲームは不可能なことが分かりました。
R4はやっぱり素晴らしいゲームです。

そんなこんなで今回買ったゲームのリストです。
id Super pack
Foreign Legion: Buckets of Blood
Rainbow Six Vegas 2
S.T.A.L.K.E.R. Clear Sky
Braid
Safecracker 2
Trine
Tom Clancy's Splinter Cell Double Agent
Clive Barker's Jericho
The Void
Silent Hunter III
IL-2 Sturmovik: 1946
Beyond Good and Evil

さらに別口でDevil May Cry 4を購入してしめて100ドルちょうど位でした。
すでにStalkerCSはクリアして二週目をプレイ中です。

私の友人と洋ゲートークを繰り広げていくうちに、実は私はFPSそんなに上手ではないのではないのだろうかという疑問が出てきました。
というより戦略的要素の入っているゲーム全般が苦手な気がします。
好きなんですけど。
自分は心から愛しているというのに相手は自分を愛してくれない!
このままではストーカーになってしまいそうです。
ゲームへの偏執的な愛がひとりの男を狂者へと変えるのです。
ゲーム中意味も無くシェイクスピアの戯曲から引用した文句をブツブツ呟いたり、突然数式が頭の中にひらめいて窓ガラスに油性マジックで思いつくまま書いてみたり。
あるいは耳をそぎ落として拳銃自殺までしかねません。

冗談はさておき、こんなに沢山買ってどうするんだという話ですが、これで老後も安心です。

2010年1月3日

猫背は直せるが愛は・・・

猫背ってどうやって直せばいいんでしょうか。
英語でいうとStoopらしいです。猫背。
猫背矯正コルセットとか、猫背矯正衣装とか。
なんかそういうのがあればいいのですが。

2010年1月1日

巫女みこナース

昨日の三社参りでは巫女さんをたくさん見ました。
とある神社の巫女さんはかなり可愛い女性がやってました。
新年早々いいことが有りました。
大吉ありがとう!

年明け早々二時間ほど歩き回りました

Hey Hey Hoo!
初詣から戻りました。
いやぁ糞寒い中二時間ほどかけて三社参った私の信仰心の厚さは八百万どころか百億千兆の神様仏様がご覧になられていることでありましょう。
夜中の二時くらいから回り始めたのでほとんど人が居ないと思いましたが、思いのほか居ました。
町の方の神社には結構な人が参っていましたが、山の方の神社には人っ子ひとり居ない上にお堂が閉まっており、賽銭の投入を阻止していました。
しかしそこは信仰心の厚いこの私。
扉を閉めるごときで五円玉の投入を防ごうなど実になめられたものです。
さっそうと扉を開け、五円玉を投げ込みました。
もちろん帰るときは閉めました。

ちなみに願い事は「世界が平和になりますように。」
今の私にこれ以上の望みは有りません。
三社回ったからにはおそらく成就することでしょう。

そうそう。
今回は非常に運がよく、なんと三社すべてに五円玉を投入するという快挙を達成しました。
さらにさらに、最初の神社で引いたおみくじ(50円で引けました。いつも行く神社は100円でしたが)も素晴らしいの一言。
友人の「おみくじを結びたまえ」の声を無視しそのまま奪取、逃走と相成りました。

DIE-KICHI!
新年早々運がよいです。
願望(ねがいごと):改めてかえてすれば望事(ねがいごと)叶い喜び多し
世界平和がまた一歩近づいた感じです。
今年あたり平和になれば私の願いが通じたということになるでしょう。
今年のノーベル平和賞はいただきです。