2009年11月29日

旧友級友

学校を辞めた友人に会いました。
来年四月からもしかしたら妹と二人暮らしになるかもと話していました。
神様は平等に不平等だと思いました。

○○君を救え募金

まさか私のための募金計画があったなんて驚きです・・・
計画が立ち消えたとはいえこれはこれで複雑な気分です。
ありがたいですが。

2009年11月27日

Windows 7 x64環境でのSerious Sam HDのXAudio2の不具合について

追記
11月30日のアップデートでこの問題は修正されました。

Windows 7 x64環境でのSerious Sam HD がエラーを起こし、DirectXのインストールかサウンドのないままプログラムを起動する問題の解決方法がわかりました。

エラー文
You do no have an up to date version of the XAuidio2 libraries, which are a part of DirectX. Press OK to update DirectX, or Cancel to continue. If you continue without updating, the game will have no sound, or may have problems with stability,performance or sound quality.

このエラーが出た場合、スタート→コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→サウンドを選択し、再生タブのなかの現在使用されている再生デバイスのプロパティを開きます。
詳細タブの規定の形式のサンプリングレートを落とします。
具体的には24bit 48000Hz(スタジオの音質)以下に落とします。
96000Hz以上で上記のエラーが出るようです。

情報元
Steam Users' Forums XAudio2 - Windows 7 64-bit problem

2009年11月26日

Serious Sam First Encounter HD

買いました!
ちょっとCoopしましたが面白かったです。
適当に撃って適当に暴れられるゲームはやっぱり楽しいです。
まずはSSamFEの思い出に浸りながらシングルプレイをやり直したいと思います。

2009年11月22日

シリアスサムイ!

今日も今日とて寒かったですね。
マジ寒いです。
雨の中外で座ってる屈辱感といったらまさにもうしぎー!って感じですよ。
小雨ですんで本当によかったです。
明日は暖かくなるそうですがどうせすぐ寒くなるんですし、もうずっと寒いままでいいんじゃないでしょうか。
下手に暖かくなったら風邪を引いてしまいます。

そうそう。
友人が倒れたインフルエンザ、英語では確かフルーとか言うらしいですが、かかってなかったみたいです。
明日まで大丈夫ならまず間違いなく問題ないです。
やはり私は大きな病気にはかかりにくいようです。
その代わり常にあまり調子がよくはないですが。

2009年11月21日

prey

バッカス神に祈りをささげるために出かけてきます。
これもしかしてついったー向けかな?

2009年11月20日

現在の酒量

少量です。
最近周りがインフルエンザでばたばたと倒れていて自分にも移っていないか心配です。
あとロシアのほうで更なる新型インフルエンザが見つかったそうで。
こわやこわや。

2009年11月17日

寒いです

やはり私はいつまでも日本だけにとどまっていい人間ではないと今日再確認しました。
何で日本ってこんなに寒いんですか!
11度程度で冷や汗鼻水涙によだれをたらしているようではロシア人に笑われても仕方がありませんが寒いものは寒いんです。
今まさに満身の力をこめて振り下ろさんとする我がコブシはまさに釘を打つバナナだ!
あまりにも寒いので少しでも緩和すべく日本は今日から摂氏ではなく絶対温度で気温を表記することを命じます。
つまり今日の福岡の最高気温は284.15度!マジあちぃよ!
言い換えれば言えば激アツ!
激アツって何ですか?
パチンコをする友人が頻繁に言っていたのでパチンコ言葉略してパチン言葉ですか?
さっきまであまりの寒さのせいか絶対温度(ケルビン)をケルビムと勘違いしていました。
あれ?なんかやけに寒いと思ったら窓が開いてる!

2009年11月16日

Episode 3 & Halflife:Reimagined トレイラー公開間近!

※どうやらこの情報はフェイクのようです。

何でもValveのボスのゲイブさんによると数時間後にHalf Life 2 Episode 3となぞのタイトルHalflife:Reimaginedというゲームのトレイラーが公開されるようです。

Twitterより引用
So excited I couldn't sleep! in a few hours I'll be postin a brand new trailer for Episode 3 and Halflife:Reimagined, you guys get it first!
意訳
"めっちゃ興奮して眠れねぇ!あと数時間で俺はEp3とHL:Reimaginedのトレイラーを公開できる!早くみてくれよ!"

Ep3はついにHL2クロニクルが終わりHL3へとつながる重要なエピソードになる・・・はずです。

もう一つ「Halflife:Reimagined」
Reimagineというと辞書では「再考」という意味のようです。
つまりHL2のときのHL:Sourceを一歩進めてHalf Lifeの再構築、といった意味に取れます。
Blackmesa Sourceを意識しているようにも見える名前ですがいったいどうなってしまうのでしょうか。
ValveといえばModderにやさしいのかやさしくないのかわからないデベロッパーとして私の中で有名です。
Modderを自社に引き入れたかと思えば前回はFortress Foreverのリリース日に自社のTeam Fortress 2をぶつけ見事に叩き潰す至芸を披露しました。
そうでなくてもマルチプレイヤーModは生き残るのが大変難しいのですが。



追記
Twitterに新たなポストがありました。
gametrailers.comやignその他のサイトで明日公開されるようです。



追記の追記
Eurogamerのフォーラムにてゲイブはtwitterをやっていない、これはフェイクだという意見発見。
このフォーラムも情報が錯綜していてよくわかりませんが情報を本当だと信じる人、半信半疑な人、よくわからないけど大騒ぎしている人に冷静な人を合わせるとかなりの数になっているようです。
とりあえず明日まで待ちましょう。



追記の追記の追記
kotakuの記事にてゲイブがtwitterのアカウントを持っていないことが判明しました。
上のニセゲイブのリンクはこの記事にはありませんが、10月10日の発言が一致しているのでどうやらこの記事のニセゲイブと上のニセゲイブは同一人物のようです。

これで十中八九明日特に何もないことが判明しました。
が、それでも期待してしまうのが私の悲しいサガといったところでしょうか。

ひどい夢を見ました

そりゃこんな恐ろしい夢を見れば夜中の3時に飛び起きて眠れなくもなりますって。
私は夜仰向けに寝ると高確率で怖い夢を見る体質なので極力俯せに寝るのですが、今日はやはりジンクス通り起きたときは仰向けでした。
しかも今回見た夢は歴代悪夢のベストオブベストに輝くほどのものでした。
いつもなら何かに追い掛けられる系統の夢が大半でしたが今回は違います。
目をつぶることが嫌になる夢です。
そうかと思えば次に気づいたときには朝5時になっていた夢です。
夢に出てきた悪魔のような、しかし現実にもいるかも知れない女は私だったのでしょうか。


私はおそらくテレビを見ていたんだと思います。
少なくとも最初は。
テレビでは写真が映されていました。
真っ暗な部屋、その割には異常に鮮明に写る子犬と子猫の死体。
そのすべてが濁った眼でこちらをぼんやりと見ています。
いやだ!と思った瞬間女が(顔も見ていなければ服装も思い出せませんが確かに女でした。)子犬をちょうど心臓マッサージの要領で体だけ潰す映像が流れました。
私は目を背けたかったんだと思います。
次にまた写真。
先ほど潰された子犬が体が潰れ頭が残った状態ながら先ほどの犬猫のように濁った目でこちらをぼんやり眺めています。
私は怖いだけでなく、ここまで悲しい夢をこれまでにただの一度も見たことがありませんでした。
悲しい思いをした夢もありますがせいぜい「すごいかわいい女の子と付き合う夢を見たから起きたときすごく憂鬱」レベルでした。
嗚呼、あの夢だけは覚めてほしくなかった!
閑話休題。
夢はまだ続きます。
次は動画なのか写真なのか判別が付きません。
その部屋の入口までゆっくりとカメラが近づき、画面がそこで止まります。
私は目を背けていました。
夢の中で自分の意志が反映できた夢もこれがたぶん初めてだったと思います。
目を背けても映像は直接脳に流れ込んできました。
その画像は部屋の入口(バスだったかもしれません)、つまり私が目を背けた瞬間から動いていませんでしたが、入口の向こうの暗闇には無数の光る目が私を見つめていました。
ここで私は飛び起きました。

文章にして見るとなんて事はない、恐らく他の方に恐さが十分伝わらないと思いますが、私の文章力ではこれが限界です。
今日は朝からやけに時間が早く進み、どんなに急いでも時間に全く追いつけずついには遅刻していまは電車の中です。

あの無数の光る目は生きているものの目でした。起きたあと(瞬間?)も夢は続いており、私はその目が大量のネズミの目であることを悟りました。
最初は確かにテレビの前にいた気がしますが、最後はまさに現場に立っていたんだと思います。
幸い臭いや潰されるときの悲鳴はありませんでした。

しかし一つ一つを思い出すとき、あの恐怖が蘇ってきて胃の中身と涙が出そうになっていました。
それほど感受性の豊かな方ではありませんが確かに。
憂鬱な月曜日だからなのかそれともこんな夢を見たから憂鬱な月曜日なのか。

2009年11月15日

あれ?

なんかお酒に弱くなってるような気がします。
昨日の記憶もなんか曖昧ですし頭も痛いです。
ベッドに入ってきちんと寝てるのは評価に値しますが。
ひと言酒にある昨日書いた項目ですが「呑んで~呑んで、呑まれて~呑んで!酔っ払ってます。」は書いた覚えがあるのに「涙の洋ゲー酒の名に負けないくらい酔ってます」は書いた覚えが無い不思議!

ちなみに下の投稿はきちんと自分がコントロールできていたときに書いたものなので覚えています。

2009年11月14日

ねこのことを「ぬこ」とかいうやつには目潰しパンチ!だけど・・・

今日は不思議なことがありました。
長崎街道を当時のまま(?)残したとされる道をアルバイトの帰りに歩いていると、一匹の猫が車の下からシュタタッと飛び出してきました。
私の家の周りには誰か心無い人間が猫にえさをやっているようで猫のたまり場みたいになっているのですが、その経験から言うとそういう猫は遠くからこちらを見てくる程度の干渉をしてくるだけですが、その猫は違いました。
なんと私の前を横切った後後ろからついてきて、なんとこちらを見ながらニャーニャーなくではありませんか。
しかも奥ゆかしくも物陰に体を隠し顔だけこちらを出して鳴く始末。
うおお・・・正直な話私は猫より犬派なのですがこれは一大事ですニャー。
人懐っこい猫が私に向かって媚を売るように愛らしくにニャーニャー鳴くのです。
うちで飼っている愛らしくも恩知らずな馬鹿犬(ex.散歩に連れて行くとバス停のベンチに頭をぶつけるレベルのお馬鹿)を捨ててこの猫を家で飼ってしまいそうになるレベルでした。
なんというかこう、ちょろっとやさしくしてくれた女性にはころっと行ってしまうモテない童貞男のサガ、なんでしょうか。
もしくは亭主があまり構ってくれない欲求不満の若妻の気持ち、といえばいいのでしょうか。
もし私がえさやなにか遊ぶ道具を持っていれば危険でした。
確実に連れ帰っていました。
そんなかわいい猫ちゃん、もしくはPussy Catなねこちゃん。
私の心の葛藤はさておき、上記(「しかも奥ゆかしくも物陰に体を隠し顔だけこちらを出して鳴く始末。」という状況のあたり)の後、ちょっと太ったふてぶてしそうな猫が鋭く「ニャー!」と鳴きそのかわいい猫を一喝。
ボス格だったのでしょうか、その猫はその後こちらを見つめながらも無言でした。
悲しそうでした。とても。
少なくとも私にはそう見えました。
私も心中では「この糞猫蹴り殺してくれようか!」と思いながらも「猫には猫の世界がある」と意味不明な理論で何とか納得しその場を離れました。
まさにシェークスピアもびっくりなほどの悲劇。
動物からは特に好かれるわけでもないし嫌われるわけでもない私ですが、相手から私に興味を持ってもらったのは生まれて初めてだと思います。
いいですね・・・本当に。
久しく忘れていた感情ではないでしょうか。
誰かに興味を持ってもらい、そしてなにか行動を起こしてもらえる。
誰かに一瞬でも必要とされること。
道端の石ころか何かのような存在感の私(ex.遊びに行く約束をしていたのに当日忘れられているレベル)を気にかけてくれるというのはたとえ猫畜生とはいえありがたいしうれしいものです。
猫にとっては道行く人に媚を売ってえさにでもありつこうという狡猾でありながらもかわいい打算に満ちた行動であっても私は構いません。
たとえ利用されるだけであっても他人(猫)から必要とされるのであればがんばれる気がします。
一人暮らしで動物を飼う人の気持ちがわかった気がします。
白黒のねこちゃんありがとう。
一瞬でもこんな男を必要としてくれて。

以上誰かのために生きたいと願う安酒をかっ食らって酔っ払っている童貞男から道端で逞しく生きる猫に向けてへのラブコールでした。

2009年11月9日

心霊写真と美幼女(少女?)コンテスト

心霊写真に下手な説明は蛇足だと思います。
この写真はこれこれこういう霊が写っていますとか、これがとられた場所は昔こんなことが起きましたとかそういう説明です。
それが写ってしまった圧倒的現実だけで十分だと思います。
ついでに真贋の鑑定をするだけの目は持ち合わせていませんがそういうのも結構好きです。
私自身はそういう写真を持っていない・・・というより最近写真らしい写真はまったく撮っていないと思います。
もしかしたらどこかのシャイガール(もしくはボーイ)がひそかに私の写真を入手しているかもしれませんが。

今私が死んだら飾られるのは、最近の写真はダイビングの免許を取ったときのちょっと顔が太った写真になると思います。
「ちょっと」に括弧はいらないんです!ちよっとです!ほんの少し丸いだけです!
実は友人たちには好評のこの写真ですが、せっかくやせようと努力しているにもかかわらず「太ったほうがいいよ」というのは何の皮肉でございますかフレンズ?

今丸見えで美少女コンテストの特集があっていますが、こういうのを見るとジョンベネちゃんの悲劇を思い出さざるをえませんね。
番組をそれを意識してか一人の出場者の少女の歯が抜け、すぐに入れ歯を作るという話が出ていました。
一方ジョンベネちゃんはというと、歯が抜け醜くなることを恐れた両親がすべての抜歯し入れ歯にさせていたという話を聞きました。
その真偽はともかく親の所有物とさせられた子供は、たとえ良かれと思ってされたことであっても虐待に入るのではないだろうか、などと考えさせられます。
ちなみに殺害事件に関して家族の犯行の線は否定されているようです。
まさに悲劇のマリオネット・・・実際どうだったのかはもう確かめようもないと思いますが。

2009年11月8日

多分この話を聞いてる時は君に多大な迷惑をかけたあとだと思う。…済まない。

頭が痛いです。
吐き気もします。
飲み会で盛大にやっちゃったらしく、ゲロユキさんと相成りました。
駅でも吐きまくったとか聞きました。
介抱してくれた方がとても優しかったのがありがたくも辛いです。
これは焼き土下座確定でしょう。
明日どんな顔してみなに会えばよいのでしょうか。
私はほかにいったいどんな失態をしでかしたのでしょう。
言い換えると私はほかにいったいどんな迷惑をかけたのでしょう。
楽しく飲むのは結構ですが他人に迷惑のかかる飲み方は金輪際しないようにしたいです。
否、します。

フ…フフフフ。
まずいなぁ。

2009年11月5日

Michael Jackson's This is it

どれくらいすばらしかったというとちょっと涙が出てくるくらいすばらしかったです。
すべてを語りつくすにはあまりに時間がありません。
とりあえずマイケルジャクソンを知っている人は劇場へいってください。

2009年11月4日

Creed復活!

Creed復活!
Creed復活!
Creed復活!
追加で。

Nickelback来日!

Nickelback来日!
Nickelback来日!
Nickelback来日!
今日はこんなもんで。

2009年11月3日

華氏32度

いやぁ今日は寒かったですね。
この時間までがんばったりサボったりしていたので自転車をこぐとき寒くて寒くて。
もっと早い時間に帰ってこられると思っていたので割合薄着で出ていたのが間違いでした。
現実はこの時間に、バナナが打てる様にガチガチになって帰宅しました。
今日ははんだ付けとドリリングに終始していました。
今日は少し疲れたので早めに寝ます。
おやすみなさい。

2009年11月2日

私が気象予報士になった暁には暑さ寒さの憂いをなくします

さっむい!今日すごい寒い!
ちっくしょう誰だ地球温暖化って言ってたヤツは!
冬は寒いから好きなんていって悪かった!
さっさと春来い!
春恋って書くとなんか恋愛小説っぽいよね。
もしかしたらすでにあるかも。
・・・検索してみるとトップにアダルトゲーが。
涙のエロゲー酒。
ごろがいいのがちょとアレです。
エロゲーフリーク!
ちなみに正式名称「春恋*乙女 〜乙女の園でごきげんよう。」
OVAもござ候。

いやはや調子に乗って人と会話をするのはいけませんね。
人と会話するときは細心の注意を払い最善の選択肢を選ぶ判断力が必要です。
もし用意できなければ・・・口を閉ざし耳をふさぎ目を閉じたほうが間違いは少ないです。
自分のいやなところを再確認するのは、いつもこのような準備を怠ったときに不意に出てくることは理解していたはずですが。
反省反省。

明日はお休み、といいたいところですが公務があるのでスクールへと通わなくてはなりません。
登校時間もいつもよりだいぶ遅いですが何時に帰ってこられるやら。
すごく早く帰れるのもちょっと悲しいですが、とても遅くまで残らないといけないのもそれはそれで嫌という微妙な乙女心が働いています。
明日はもう少し厚着したほうが・・・と天気を調べますとなんと最高気温14度。
ついに明日私は釘が打てる男へと進化することができるようです。
バナナのような黄色い野郎でも冷やせば打てるのであれば、私が打てないという道理はないはず。
それともデモリションマンの衝撃のラスト(気になる方は近所のレンタル屋さんにGO!)のようになってしまうのか。
もし打てれば私は確実にサイモンフェニックスより強いことが証明されます。
ただしウェズリースナイプスよりは弱いです。
あんな電車痛筋通勤見たことないですもん。

ヤバいです。
ヤバヤバです。
寒いです。
しぎー。

2009年11月1日

私が気象予報士になった暁には雨を降らさないようにします

なぜだ!なぜ日曜日に雨が降る!?
寒さと孤独と孤独と孤独で危うく死ぬところだった!
やはり私の推し進める気象管理局設立をさらに推し進めるべきだと感じました。

秩序と自由、整理された世の中のなんと美しいことでしょう。
そこでは誰もが自由に、安全に、正しく生を謳歌することが可能です。
人々の中には「管理」という言葉に過剰に反応し毛嫌いするものがいることは事実です。
しかしそれは映画や小説などによって作り上げられた哀れな勘違い、思い違いです。
毎年のように火事、交通事故、あるいは殺人、さまざまな原因で多くの人々が亡くなっていきます。
「誰かが火の元を管理していれば・・・」「誰かが車の通行を管理していれば・・・」
管理とは愛です。
時にあなたを守り、育み、すべてを与える無償の愛です。
管理とは愛です。

BIG BROTHER IS WATCHING YOU
もしくは
幸福は義務です

どえらく話が脱線しました。
AD&Dの話でしたっけ?
アライメントの解釈で数時間友達と議論したり。
ゲーム自体は最初の対ゴブリン戦でヒーロー達が次々と壮絶な死を遂げて以来やってませんが。

天気の話でした。
今日も今日とて秘密のアルバイトにせいを出していましたが、運悪く雨でした。
雨の日は憂鬱だと教えられたから憂鬱なんかじゃないやい!
実際憂鬱だと感じるから憂鬱なんだい!
近くではなんと25時間も走り続けるまさに鉄人マラソンがあっていたりお祭りがあったりしてました。
25時間働ーけますか!ビジネスマーン!ビジネスマーン!

バイト中に私は芸術品に出会いました。
「フランス人形のような」という表現すら陳腐化させる少女を。
まさに歩くだけで人々が振り返るような、彼女の前に額縁を設置すればその場で一個の芸術品が出来上がるような。
人をものの様に言い表すことに眉をひそめる方もいらっしゃると思いますが、私はあえて芸術だと表現したい。
言葉が事象を矮小化させることがこんなにもどかしいものとは思いませんでした。
私の言葉では薄っぺら過ぎます。

これ読み返すとかなりあれな書き方ですね・・・。
まるで書き手が何かおかしな薬でもきめたような。
もしかしたら光の具合や角度が見せた一瞬の奇跡だったのかも知れませんが、この光景は心の額縁に飾っていたいと思います。
後ろ指も差さないでください。
後ろに手が回るようなことは決してやってません。
石を投げないでください。
私に石を投げていいのは、一度も罪を犯したことのない正しき者だけです。

きちんと話すと半分は本当でもう半分は本当の話なんです。
もうほんと涙が出るほどすんばらしくかわいい女の子がいた、それを見た私はきっと祝福された人間なんだという日常の一風景をちょっと冗長気味に書いてみただけなんです。

今週のバイトではやけに小さな子供と縁があった感じでした。
将来きっとイケメンに育つだろうと思われるかっこいい顔をした6歳くらいの男の子から、祈れば天国にいけることを漫画で説明したキリスト教の紙をいただいたり(祝福がどうとか妙にキリスト教かぶれっぽく書いたのはこのせいです。後ひとつは後述。)、上にも書いたとおり美しい少女を見たこと、そして12歳くらいの少女に道を聞かれたこと。
後はこの日に限ったことじゃないですが車に乗った子供にやけににらまれる?ことくらいでしょうか。

しかし子らよ、よくお聞きなさい。
知らない怪しいおじさんに声をかけてはなりません。
外の世界は悪い人ばかりではないですが、いい人ばかりでもないことを知りなさい。
いや、いい人ですらときに悪い人に変わる事すらあります。
疑うことを知りなさい。
そして私の言葉を信じなさい。信じなさい。信じなさい。

さて妙にキリストかぶれっぽい文を書いたもうひとつの理由。
それは今読んでいる本が関係しています。
「塩狩峠」という本なのですがこれがなかなか面白い。
主人公永野信夫がさまざまなことを体験し考えていく小説なのですが、私と同じくらいの男性が私と同じようなことを悩み考えるというのは面白いものです。
実際の事件をモチーフに書かれた小説ですが、なんとモデルになったお話から今年でちょうど100周年だそうです。
つまり私の悩みは少なくとも100年前に(もしくは小説が書かれた30年前に)誰かが通過していたということです。
不完全ですよね。
まだ最後まで読めていないのですが、長くもないので少しずつ読み進めていこうと思います。
父親の遺書に記してあった「自分の生き方すべてが遺言である生き方」というのを私も目指したいと思いました。
主人公に人が平等であることを教え、約束を守る大切さを教えた父親です。
人に高下なし、心に高下あり。
すべて読み終わったらまた感想を書きたいと思う小説です。

今日はやけに書きすぎました。
総マトメに入りましょう。
前半・・・世迷いごと
中盤・・・いかに自分がおかしくないかの説明ならびに弁明
後半・・・小説に感動したこと
以上の3段オチでした。
最初は読者様に「こいつ頭おかしいんじゃね?」と思わせ、中盤に「警察に連絡したほうがいいんじゃないだろうか?」と考えさせ、最後に「小説に感動するキレイな心を持ったいい人なんだね!」と結論させる非常に打算計算された流れであることにお気づきでしょうか。
つまり私が小説家にならないのはひとえにその他大勢の小説家様がオマンマ食い上げにならないようにするためなのです。

以上月曜日におびえる男がいかにして月曜日と戦う強い人間になったかの実録レポートでした。

トリックアンドトリート

ハッピーハロウィーン!
実際は収穫感謝祭らしいです。
有名なジャックオーランタンですが、あれ中身どうしてるんでしょうね?
中身もきちんと食べているとは思いますがあまりくりぬいた中身の処理については表ざたになっていないような気がします。
たとえばハロウィーンには必ずかぼちゃを食べるとか聞きませんし。
そもそもかぼちゃは冬食せ!冬至だ!冬至に食せ!
私の使う駅ではなぜか中国風のぼんぼりみたいなものが大量に飾られていましたが、これはジャックオーランタンの代わりなのでしょうか?
謎です。

と、ここまで書いていましたが、その後実は街に繰り出し生まれて初めて一人でバーというところに行ってきました。
前々から目をつけていたお店があったのですが行く機会に恵まれず、ハロウィーンということでなんかあるだろうといってみたわけです。

結果・・・しこたま飲んでかろうじて家に帰り着いて一瞬で寝て今起きました。
楽しいんですねああいうお店で飲むって。
もっとこうしっとりした感じかと思って黙って飲んでましたがお酒が入ると気が大きくなり(このへんが私のお酒の好きな理由でもあり嫌いな理由でもあります)カウンターの隣の方とずっと話してました。
その方はビールにとても詳しく、あまりビールが好きでない私にいろいろなビールを勧めてくれました。
べろべろになったのはきっとビールをしこたま飲んだせいだったのです。
ウイスキー、日本酒、焼酎、ワインなどは基本的にかなり飲んでもそこまで酔わないのですが、ビールだけは別でちょっと飲んだだけでもヘロヘロになってしまいます。
ハロウィーンということでパンプキンビールをマスターにいただいたり、アルコール度数が高いロシュフォール10というベルギービールをおごってもらったり、あともうひとつビールをおごっていただきましたが、どれもビールとは思えない味で私にも飲みやすかったです。
酔いたくなったらロシュフォール10を探してみます。

年上と飲むと楽しいですね。
生まれて初めて(生まれてはじめてが続きますね)年齢をほぼ正確に当てられたりいろいろな知識(ビールばかりですが)を仕入れたりできました。
お酒でブーストされたのでほとんど何をしゃべったか覚えていませんが、その辺はなにをしゃべったか覚えています。。
でもお酒に頼らず人ときちんとしゃべれるようになりたいです。
その方は実際は割りと早めに酔いつぶれて寝ていましたが、今度あったらきちんと御礼をしないといけません。

このブログを見ている若い男性諸氏よ、一人で飲みにいこう。
「お前に言われるまでもない!」とすでに一人で飲みに行ってるなら続けましょう。
若くない男性諸氏も飲みに行きましょう。
きっと楽しい出会いやおいしいお酒に出会えます。
もし駅前にちょっと小洒落たお店を見つけたなら、もしかしたらそこに私がいるかもしれません。
もし見つけたら声をかけてください。
バーボンコークをおごります。